海辺のカントリーライフ*

愛犬と小鳥、夫婦ふたりのスローライフを綴っています♪

Take a look at this

にっこにこ

  11, 2016 23:30
20161211235632a82.jpg
先月から
時が止まって
しまったような
感覚でしたが


20161211235633bef.jpg
いつの間にか街中は
クリスマスモード一色となり
きらきらと輝く
季節が到来していました。


昨日は桃と太郎の通う
犬のようちえんの
クリスマス会が開催され
20161211234040fb6.jpg
太郎もお友だちと一緒に
参加をしてきました♪


20161211234043d40.jpg
毎年恒例の
クリスマスイベントには
もちろん桃とパパも
参加の予定でしたが
今年は残念ながら
欠席です。

せめて太郎だけでも
お友だちや先生達と
楽しい時間を過ごせればと
ママと一緒に出席しましたが
20161211235630f53.jpg
やっぱり桃とパパが居ないと
テンションが上がらない太郎さんで
ママのカメラの腕も
太郎の気持ちを反映するかのような
仕上がりでした^^;


翌日の日曜日
20161212002615fb6.jpg
土日の面会時間は
11時~15時なので
渋滞にはまらないよう
早めに自宅を出発し
到着したのは
10時でした(笑)


そしてようやく
待望のご対面♡
20161212003710633.jpg
笑顔の桃さんと


201612120037147b2.jpg
おんなじお顔で笑う
太郎さん(笑)


20161212003712d38.jpg
一昨日の夜に点滴が終わり
エリザベスカラーともお別れし
抱っこもOKとなりました。
パパにお耳をかきかきして貰い


20161212003711482.jpg
安心して夢の中へ


20161212003715713.jpg
そんなお姉ちゃんの様子を
終始にこにこと見守る太郎さん
やっぱり一緒に居られる時が
1番いいお顔になりますね^^


20161212010252b09.jpg
こちらの病院では
入院室というお部屋で
過ごしている桃さん。

なるべくお家で過ごすのと
同じように!と配慮して下さり
ベッドやおもちゃなどの
持ち込みOKとなっています。

フードは病院でも色々な種類を
揃えているようですが
わが家は桃が1番大好きな
ごはんを持参しました。
20161212005020d82.jpg

手術は喉側からの
切開だった為
ドライフードを
温めたスープに入れて
ふやかした状態で
与えるようお願いする事に。

身の回りのお世話は
主に副主治医の獣医さんが
行って下さいます。
他にもたくさんの子を
受け持たれているので
なるべく負担にならないよう
一食分ずつ小分けにし
説明書きを貼っておきました。

おかげで食欲も落ちる事なく
ごはんをもりもり食べ
術後の経過も良好のようで
明日主治医の許可がおりれば
お家へ帰れる事となりそうです^^
20161212013725d48.jpg

医療従事の
お仕事をされている
お友だちが
入院した日の
桃の写真をみて
表情がやつれていないのは
家族がしっかりサポート
してあげているからだね
とおっしゃって下さいました。

家族が病気になると
何が至らなかったのか?と
自分たちを責めてしまう思いに
苛まれます。

そんな時このような
お言葉を掛けて頂き
本当に救われる
気持ちになりました。

そして今日も
医療従事のお仕事を
されている方より
家族が頸椎の手術を受ける
不安を汲み取り
気持ちに寄り添って下さる
とてもあたたかな
コメントを頂きました。

不安で押し潰されそうな時
本当にたくさんの
方々に支えて頂き
乗り越える事が出来ました。


2016121201372772a.jpg
ブログにご訪問頂き
ありがとうございます。
いつもいつも
あたたかいコメントや
拍手を下さる皆さまには
心より感謝を申し上げます2017012201103667d.gif



コメントを下さった
Fちゃんのママさまへ

もちろん覚えておりますよ~。
あたたかいコメントを下さり
ありがとうございます。
コメント欄からお返事が
出来ない設定となっていますので
よろしければメールフォームから
ご連絡を頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

20170123012339bcb.jpg














関連記事
  •   11, 2016 23:30